「収益」とは何か、理解しよう

収益の代表選手といえば「売上」ですが、売上といってもどこまで売上として計上するのか、その計上方法によって、年間の売上金額が違ってきます。
例えば、4月~3月の1年間で集計を締める(決算を行う)会社の場合、お客さんにものを渡した(売った)のは、3月末ですが、代金は4月になってから受け取ったとします。
この売上を3月に計上するか、4月に計上するのか、で同じ会社でも売上金額は違った数字になってしまいますね。
 
4月に売上を計上すると、今期の集計(3月末)に含める売上ではなく、翌期の集計に入る為、今期の儲け(利益)は、変化しません。
儲け(利益)が違うという事は、納税額も違うという事です。
“これはまずい”(納税の公平性を欠く)ということで、ルールとして「売上は1年間(この会社の場合4月~3月)に品物を渡した日に計上する」と決められています。たとえ4月になって代金が回収できなかったとしても、3月時点では申告書に売上としてのせなければいけないわけです。
3月.jpg
4月.jpg
売上がいつ発生して、その売上の計上は、今期なのか来期なのかを明確にしていく事で、正しい売上の集計を行う事ができるようになります。
守るべきルールをしっかり守って、正しい集計と正しい納税をしていきましょう。
 

無料お見積もりお問い合わせ 0120-951-303 受付時間 9:00-18:00(平日) お問い合わせメールフォーム

はじめての経理代行

サービス・料金表

TOP100_2021タテ.png
活用事例こんな人に、こんな使い方をしてほしい。

お客様の声

ファビュラス様

会計ソフトの導入に伴い入力の仕方も指導して頂き自社の経理が細かいところまで解る様になった事がもっとも良かった点です。

詳しくはこちら

ソーケン様

数値で会社が見えるようになりました。今後の会社の計画をきっちりやることで将来がみえるようになりました。

詳しくはこちら

ACCESS MAP

対応エリア

立川市、昭島市、八王子市、東大和市など東京西部を中心に、東京都23区や近隣県のお客様のお手伝いをしております。

blog.png

Copyright (C) 2015 中小企業の経理代行サポートセンター All right reserved.