減価償却

減価償却とは事業で使う10万以上の資産(車、設備など)で一定のルールのもと決められた期間で経費化していくことを言います。
お金を払ったのに何故一度で経費にできないの?と疑問に思うところですがその資産が売り上げに貢献していくのは購入した年度だけではなくその後も使います。という意味で年数かけて経費化することになります。
 
耐用年数
このため税務で決められた耐用年数に沿って経費化していくことを減価償却と言います。
 
償却方法
減価償却の計算方法はいくつかありますが、選択の届け出をしないと経営形態が個人事業の場合は定額法、法人事業の場合は定率法となります。
定額法とは毎期同額が経費化されていくという考え方です。定率法は購入時に多く経費化すべきでだんだん少なくなる。という考えから計算方法が作られています。
ただし、建物、建物付属設備は定額法のみで他は選べません。
 
注意点
減価償却できるタイミングは購入し、使えるようになった状態からです。
契約はしてまだモノは届いていない。モノは届いているけど開けて使っていない。などの場合は経費化できませんのでご注意ください。

無料お見積もりお問い合わせ 0120-951-303 受付時間 9:00-18:00(平日) お問い合わせメールフォーム

はじめての経理代行

サービス・料金表

TOP100_2021タテ.png
活用事例こんな人に、こんな使い方をしてほしい。

お客様の声

ファビュラス様

会計ソフトの導入に伴い入力の仕方も指導して頂き自社の経理が細かいところまで解る様になった事がもっとも良かった点です。

詳しくはこちら

ソーケン様

数値で会社が見えるようになりました。今後の会社の計画をきっちりやることで将来がみえるようになりました。

詳しくはこちら

ACCESS MAP

対応エリア

立川市、昭島市、八王子市、東大和市など東京西部を中心に、東京都23区や近隣県のお客様のお手伝いをしております。

blog.png

Copyright (C) 2015 中小企業の経理代行サポートセンター All right reserved.