資産の部

前回、貸借対照表は資産の部、負債の部、純資産の部の3部構成になっているとお伝えさせていただきました。
今回はその3部構成のうちの『資産の部』について詳しくお伝えしていきたいと思います。
 
資産とは、簡単に言えば会社の財産になるものです。
 
資産の部のおもな勘定科目について
 
現金・・・・・・・紙幣や硬貨の他、すぐに現金に換えられる小切手など
小口現金・・・小口の経費の支払いを行うために、手元においてある少額の現金
預金・・・・・・・銀行などの金融機関に預けているお金
受取手形・・・商品を売ったときに受け取った約束手形など
売掛金・・・・・商品やサービスを掛けで売ったときに発生する債権
未収入金・・・本業で販売する商品以外のものを掛けで売ったときに発生する債権
有価証券・・・売買目的で一時的に保有する株式、国債、社債など
貸付金・・・・・取引先や従業員にお金を貸し付けたときに発生する債権
仮払金・・・・・まだ精算されていない経理からの出金
立替金・・・・・取引先や従業員に対する一時的な立替払い
前渡金・・・・・手付金や内金など、商品の代金の一部または全部を前払いしたもの
前払費用・・・まだ提供を受けていない継続的な取引やサービスに対して前払いしたもの
建物・・・・・・・事業用の事務所、倉庫、店舗など
車両運搬具・営業車の乗用車や輸送用のトラックなど
備品・・・・・・・10万円以上の事務机や応接セット、コンピューターなど
土地・・・・・・・建物や駐車場、資材置き場などの土地
 
売掛金は本業の商品、未収入金は本業で販売する商品以外のものを売却したときの債権のことです。
仮払金と前渡金も混同しやすいので注意が必要です。仮払金は出張の際などに前もって渡す
まとまったお金のこと。前渡金はいわゆる内金や手付金のことです。
 
仕訳では、資産が増加したら借方(左へ)、資産が減少したら貸方(右へ)記入すると覚えておきましょう。
 
次回は負債の部についてお伝えさせていただきたいと思います。

無料お見積もりお問い合わせ 0120-951-303 受付時間 9:00-18:00(平日) お問い合わせメールフォーム

はじめての経理代行

サービス・料金表

TOP100_2021タテ.png
活用事例こんな人に、こんな使い方をしてほしい。

お客様の声

ファビュラス様

会計ソフトの導入に伴い入力の仕方も指導して頂き自社の経理が細かいところまで解る様になった事がもっとも良かった点です。

詳しくはこちら

ソーケン様

数値で会社が見えるようになりました。今後の会社の計画をきっちりやることで将来がみえるようになりました。

詳しくはこちら

ACCESS MAP

対応エリア

立川市、昭島市、八王子市、東大和市など東京西部を中心に、東京都23区や近隣県のお客様のお手伝いをしております。

blog.png

Copyright (C) 2015 中小企業の経理代行サポートセンター All right reserved.