純資産の部

貸借対照表は資産の部、負債の部、純資産の部の3部構成になっているとお伝えさせていただきました。
今回はその3部構成のうち『純資産の部』についてお伝えさせていただきます。
 
純資産とは、会社の資本にあたるもの。つまり、会社を設立したときの出資金と、その後に得た利益(損失)の
蓄積をいいます。
 
純資産の部のおもな勘定科目について
 
資本金・・・・・・・・・・会社を設立したときの出資金
資本準備金・・・・・・会社設立や増資の際に出資者から払い込まれた金額の中で、資本金として計上しなかった分
任意積立金・・・・・・役員退職金積立金など、特定目的の積立金
繰越利益剰余金・・前期から繰り越された利益の累計
利益準備金・・・・・・積み立てることが義務付けられている法定準備金
 
総資産のうち、どの程度が自己資本(資本金と過去の利益)でまかなわれているかを知ることができる
指標があります。
この指標を自己資本比率といい、自己資本÷総資産×100で求めることができます。
 
総資産の中に占める純資産の割合(自己資本比率)が大きければ、会社としての安全性は高いと評価されます。
逆に純資産がマイナスの状態を債務超過といい、金融機関等から安全性が低い会社と判断されてしまいます。
 
純資産の部は、資産の部、負債の部の3部構成のうち、経営者にいちばん見てもらいたいところと言えます。
 
次回は、経営活動の結果、資産の増加をもたらす収益のグループについてお伝えさせていただきます。

 
 

無料お見積もりお問い合わせ 0120-951-303 受付時間 9:00-18:00(平日) お問い合わせメールフォーム

はじめての経理代行

サービス・料金表

TOP100_2021タテ.png
活用事例こんな人に、こんな使い方をしてほしい。

お客様の声

ファビュラス様

会計ソフトの導入に伴い入力の仕方も指導して頂き自社の経理が細かいところまで解る様になった事がもっとも良かった点です。

詳しくはこちら

ソーケン様

数値で会社が見えるようになりました。今後の会社の計画をきっちりやることで将来がみえるようになりました。

詳しくはこちら

ACCESS MAP

対応エリア

立川市、昭島市、八王子市、東大和市など東京西部を中心に、東京都23区や近隣県のお客様のお手伝いをしております。

blog.png

Copyright (C) 2015 中小企業の経理代行サポートセンター All right reserved.