「資産」「負債」「純資産」の集計をしてみよう


以前、「仕訳」は一つの取引から複数の科目に分ける、ということを書かせていただきました。
仕訳された科目は、その結果として、貸借対照表と損益計算書へ振り分けられて行きます。
顧問先の税務担当者などから、よく質問されるのは「科目がわからない」ということ。
もちろん、適切な科目(=勘定科目)に振り分けられる経理処理は、とても大切なことです。
しかし、その前に「この取引は収益、費用、資産、負債、純資産(資本)」のどれに属するのか」ということを判断できるようになることが重要になってきます。
 
勘定科目には標準形式がありますが、実はその会社独自の科目をつくっても何ら問題ありません。要は、企業会計のルールにのっとって計上しているか(たとえば、売上だったら引き渡したときに計上しているか)ということのほうが大切なのです。
一つひとつの取引を仕訳した集計結果が、収益・費用・資産・負債・純資産(資本)に分類されて行くわけですから、この分類を間違えると大変です。
 
仕訳は、正確な勘定科目より収益・費用・資産・負債・純資産(資本)のどこに分類されるかを心がけて行きましょう。

無料お見積もりお問い合わせ 0120-951-303 受付時間 9:00-18:00(平日) お問い合わせメールフォーム

はじめての経理代行

サービス・料金表

TOP100_2021タテ.png
活用事例こんな人に、こんな使い方をしてほしい。

お客様の声

ファビュラス様

会計ソフトの導入に伴い入力の仕方も指導して頂き自社の経理が細かいところまで解る様になった事がもっとも良かった点です。

詳しくはこちら

ソーケン様

数値で会社が見えるようになりました。今後の会社の計画をきっちりやることで将来がみえるようになりました。

詳しくはこちら

ACCESS MAP

対応エリア

立川市、昭島市、八王子市、東大和市など東京西部を中心に、東京都23区や近隣県のお客様のお手伝いをしております。

blog.png

Copyright (C) 2015 中小企業の経理代行サポートセンター All right reserved.