簿記の種類

はじめに、『簿記』とは『帳簿記入』の略だということをご存じでしょうか。
『簿記』と聞くと難しい感じがしますが、『帳簿記入』→帳簿に記入するのだなと思うと
少しホッとします。
その『簿記』には『単式簿記』と『複式簿記』というものがあります。
 
『単式簿記』とは
入ってきたお金と出ていったお金を毎日記録し、記入する方法で、
お小遣い帳や家計簿と同じイメージです。
1か月で集計すると、月末に収入と支出の差額を計算することで、現金の差額を
把握することができます。
 
もう一つの『複式簿記』とは
お金の出と入りだけでなく、たとえば水道光熱費や通信費などのように費目名も記入し
出ていった金額だけでなく、理由もわかるようにします。
複式簿記では、取引を事実と理由に分けて
「借方(かりかた)」左側と「貸方(かしかた)」右側
で記録する記入方法です。
集計した帳簿を見ると、月末の現金残高がわかるだけではなく、
出ていったお金の理由、出費傾向を知ることができます。
 
会社ではお金の動きを「複式簿記」で記録し、「貸借対照表」と「損益計算書」を作成します。
「複式簿記」で記録するには「勘定科目」という項目を覚えたり、
決められたルールで記録しなければいけませんが、
「貸借対照表」では会社の財政状況が明らかになり、
「損益計算書」ではどのくらい利益が出たかなど、経営成績を明らかにすることができます。
これらは会社を経営していく中で重要なことですね。
一つ一つの取引を正確に記録し、集計しそれをもとに検証していくこと。
それが自社を知ることになり、経営を続けていくための指標となるのです。
 
担当させていただいているお客様の中にも
忙しいなか慣れない帳簿の入力を一生懸命、毎日コツコツ頑張っている方がいらっしゃいます。
領収書や売上の入力をしたり、預金の入力をすることで
資金の動きや、残を把握することができてきました。
今まで見えていなかったことに、たくさん気付くことができてきました!
 
毎日コツコツ続けていれば、なにかが変わるんですね!
 

無料お見積もりお問い合わせ 0120-951-303 受付時間 9:00-18:00(平日) お問い合わせメールフォーム

はじめての経理代行

サービス・料金表

TOP100_2021タテ.png
活用事例こんな人に、こんな使い方をしてほしい。

お客様の声

ファビュラス様

会計ソフトの導入に伴い入力の仕方も指導して頂き自社の経理が細かいところまで解る様になった事がもっとも良かった点です。

詳しくはこちら

ソーケン様

数値で会社が見えるようになりました。今後の会社の計画をきっちりやることで将来がみえるようになりました。

詳しくはこちら

ACCESS MAP

対応エリア

立川市、昭島市、八王子市、東大和市など東京西部を中心に、東京都23区や近隣県のお客様のお手伝いをしております。

blog.png

Copyright (C) 2015 中小企業の経理代行サポートセンター All right reserved.