月次支援金の活用について

緊急事態措置又はまん延防止等重点措置の影響緩和に係る月次支援金のご案内です。
 
■月次支援金とは 
 
 2021年の4月以降に実施される緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う、「飲食店の休業・時短営業」や「外出自粛等」の影響により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に月次支援金を給付し、事業の継続・立て直しやそのための取組を支援します。
一定の条件を満たした事業者には「最大20万円/月」の支援金が給付されますので、申請条件やスケジュールを把握しておきましょう。
 
■申請要件 
 
○要件1○
 緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う飲食店の休業・時短営業または外出自粛等の影響を受けていること
 
○要件2○
 緊急事態措置又はまん延防止等重点措置が実施された月のうち対象措置の影響を受けて月間売上が2019年または2020年の同じ月と比べて50%以上減少していること
 
要件1・2を満たせば、業種/地域を問わず給付対象となり得ます。
 
 
■給付額 
 
◇中小法人:上限20万円/月
◇個人事業者等:上限10万円/月
 
◎給付額の計算式◎
「2019年または、2020年の基準月の売上」-「2021年の対象月の売上」
 
 貴社の支援金は以下のサイトからシミュレーション可能です。
 https://ichijishienkin.go.jp/getsujishienkin/simulator/index.html
 

 ■はじめて申請される方への手続きの流れ

①アカウントの申請・登録
 月次支援金ホームページの仮登録画面にメールアドレスや電話番号を入力し、申請IDを発番。
 
②申請に必要な書類を準備する
 詳細は公式サイトをご参照ください。
 https://ichijishienkin.go.jp/getsujishienkin/procedure_flow/index.html
 
③「登録確認機関」に事前確認を受ける。
 不正受給や誤って受給してしまうことを防止するために、月次支援金の申請には「登録確認機関」による事前確認が必要です。
 
 ▼登録確認機関の検索はこちら▼
 https://reservation.ichijishienkin.go.jp/third-organ-search
 
 弊社では、登録確認機関として皆様の事前確認を行っています。
 ご希望の方は、ぜひお問い合わせください。
 
④マイページから受給申請する。
 月次支援金ホームページからマイページにアクセスします。
 必要情報を入力し、上記②で準備した必要書類を添付してオンライン申請します。
 
 ※2回目からは、上記④のみで申請可能です。
 
■申請期間 
 
 4月分/5月分 :2021年6月16日~8月15日
 6月分:2021年7月1日~8月31日
 7月分:2021年8月1日~9月30日
 以降、原則として対象月の翌月から2か月間が申請期間とされています。
 
 給付条件を満たした月は毎回WEB申請が必要です。
 受付期間内に忘れずに申請しましょう。
 
 ※申請する前に必要な「登録確認機関での事前確認」が受けられるのは、申請期限の数日前までとなります。
 
 
■さいごに 
 コロナ対策として国が用意している支援制度は抜け漏れなく活用するようにしましょう。
 今回ご紹介した「月次支援金」は要件を満たせばすべての事業者が受給できます。
 

無料お見積もりお問い合わせ 0120-951-303 受付時間 9:00-18:00(平日) お問い合わせメールフォーム

はじめての経理代行

サービス・料金表

TOP100_2020_タテ_.png

活用事例こんな人に、こんな使い方をしてほしい。

お客様の声

ファビュラス様

会計ソフトの導入に伴い入力の仕方も指導して頂き自社の経理が細かいところまで解る様になった事がもっとも良かった点です。

詳しくはこちら

ソーケン様

数値で会社が見えるようになりました。今後の会社の計画をきっちりやることで将来がみえるようになりました。

詳しくはこちら

ACCESS MAP

対応エリア

立川市、昭島市、八王子市、東大和市など東京西部を中心に、東京都23区や近隣県のお客様のお手伝いをしております。

blog.png

Copyright (C) 2015 中小企業の経理代行サポートセンター All right reserved.